インスタで稼ぐ仕組みを徹底解説!フォロワー数1000人で稼げるか検証してみた

Instagram

インスタって稼げるの?

このようなお悩みを解決します。

まず、インスタで稼げる仕組みを理解しなければ、やみくもにインスタを利用しても稼ぐようにはなりません。

そして、仕組みさえ知っていればどのようにインスタを運用していけばいいのか、その方法も見えてきますので、インスタを始める前には必ず稼ぐ仕組みを理解しておきましょう。

今回は、インスタで稼ぐ仕組みについてまとめたものを紹介します。

実際、僕がインスタで1000フォロワー集めたアカウントがありますので、その実体験も交えて解説していきます。

インスタで稼ぐ仕組み

インスタで稼ぐ方法は主に3つあります。

  • 企業案件で稼ぐ
  • 自分の商品を売る

他にも画像販売という手法もありますが、大きく稼げる方法ではないので省略します。

さらに今後、アドセンス広告みたいな仕組みができるかもしれませんが、現時点ではこのどちらかだと思ったほうがいいでしょう。

企業案件で稼ぐ

企業があなたのアカウントを見つけて、案件が始まります。

自分から企業にアタックしても、企業案件を受けられる可能性は低いです。

企業案件をとるためには、アカウントに影響力を付ける必要があります。

企業案件で運用しているアカウントには「#PR」や「#~~とのタイアップ投稿」といったハッシュタグがつけられていることが多いため、どんな投稿があるのか確かめてみてください。

企業案件の投稿例はこちら↓

https://www.instagram.com/p/CBr4rs9AUfJ/

自分の商品を売る

自分の商品を売るためにインスタグラムを活用するのは有効な手段です。

お店を持っている人ならその商品の写真をインスタグラムに投稿して、注文をDMで受け付けるといったやり方もあります。

こちらの八百屋アカウントでは、インスタグラムで野菜を販売していました。

https://www.instagram.com/p/CBnrl45DWkV/

野菜などの食べ物は視覚的に美味しそうと思わせることが大切なので、インスタグラムとの相性はバツグンだと思います。

また、趣味でハンドメイドをしている方だったらインスタグラムに投稿することで買い手が見つかるかもしれません。

例えば、

  • ハーバリウム
  • パッチワーク
  • 手作り香水
  • メンズ美容

などといった投稿だとインスタグラムで集客できる可能性は高いかなと思います。

なぜかというと、写真で撮影した時に綺麗に映りやすいから。

インスタ映えするような商品ですと、売れやすい傾向があります。

インスタの投稿にアフィリエイトリンクを貼るのはNG

インスタグラムではアフィリエイトのリンクを貼るのが禁止となっています。

一昔前まではアフィリエイトリンクを貼るのもOKだったのですが、スパムや迷惑行為などが増えてきたため、規約が改正されました。

そのため、インスタグラムの投稿でアフィリ報酬を得ることはできません。

ですが、インスタグラムからブログに誘導してブログからアフィリエイト報酬を得ることは全然問題ありません。

もし、インスタグラムからアフィリ報酬がほしければ、ブログとの同時運用をおすすめします。

実際にインスタで1000フォロワーを集めてみた

インスタグラムで稼ごうとするならある程度のフォロワー数は必要なのは間違いありません。

聞いた話だと1000フォロワーのアカウントで企業案件をもらえたという人もいたので、まずは1000フォロワーを目指して運用してみました。

そのアカウントはこちら。

https://www.instagram.com/p/B4w18PmAWzL/

ハムスターです。

インターネットとペットコンテンツは相性が良いとされているので、元々飼っていたハムスターでインスタの投稿を始めました。

ペットの愛くるしい写真を投稿するのは楽しかったですよ笑

また、ハムスターの写真をアップするだけでなく、キャプションで自己肯定感を上げるコツについても発信することにしました。

そして、このアカウントでは1ヶ月で1,000フォロワーを獲得することに成功します。

いいねの数も毎回100以上、多い時で200はつくようにもなりました。

気になる企業案件に関してですが、1件も来ませんでした^^;

最初のうちは、相互フォローでフォロワーを増やしたものの、エンゲージメントは決して低くないですし、コミュニケーションもわりと取っていたのに、不思議に思いました。

見事に失敗したわけですが、敗因は下記の通りだと考察しました。

  • 外国人のフォロワーが多い
  • ハムスターの需要が低め
  • 写真とキャプションの関係性が弱い

日本人として投稿するなら日本人のフォロワーを増やさないと効果は薄いと感じました。

また、猫や犬、うさぎといったペットだとコンテンツにした時に需要はありますが、ハムスターの需要はそこまで大きくないようにも思います。

そして、最大のミスだと思ったのが写真とキャプションの関連性の薄さ。

ペットコンテンツを楽しみたいという人はかわいさを感じ取りたいわけですが、そこに堅苦しい自己肯定感アップ方法を加えても効果が小さかったと思いましたね。

インスタグラムを始める前には市場調査をしたり、戦略を入念に立てて置く必要があります。

インスタで稼ぐなら抑えておきたいポイント

インスタで稼ぐ際のポイントとして最も重要なことは市場調査です。

市場調査をする時には3つのことを入念に調べておきましょう。

  • 収入源の狙いを定める
  • ライバルが少ない分野を見つける
  • 需要の大きい分野を見つける

収入源の狙いを定める

収入源の狙いを定めることで、どのような運用をすべきか見えてきます。

インスタで稼ぐ場合なら、企業案件にするのか、自分の商品を売るのか、どちらかです。

企業案件にするのなら、影響力を高めることが最優先なので、顧客になりうるフォロワーをたくさん集めるような運用をしなければなりません。

自分の商品を売るのならフォロワー数を集めることよりも、商品の良さが伝わるようなコンテンツ制作に力を注ぐべきです。

ライバルの少ない分野を見つける

ライバルが多い分野でインスタを運用してもなかなかフォロワーを獲得することはできません。

なるべくライバルが少ない分野を見つけるようにしましょう。

おすすめの手順は下記の通り。

  1. 自分の興味分野を洗い出す
  2. 関連性のあるキーワードでハッシュタグ検索
  3. ライバルチェック

このようにして、ライバルが少ない部分を狙っていきましょう。

とは言え、ライバルが全くいないという分野だと逆に難しいです。

ですので、調べてみた時にちゃんと運用しているアカウントが3つぐらいだったら十分狙える分野だと判断していいでしょう。

需要の大きい分野を見つける

続いて需要の大きい分野を探しましょう。

市場調査の中で一番難しいところです。

需要を調べると言っても、人間には2つの需要があります。

顕在需要と潜在需要です。

顕在需要は言語化されていることが多いので、分かりやすいのですが、実際にその分野でコンテンツを制作しても上手くいかないケースもよくあります。

もっと大切なのは潜在需要

潜在的なニーズは言語化されていないので予想するしかありません。

予想する時に最も有効な方法はターゲットを絞るということです。

性別、年齡、家庭環境などかなり細かくターゲットを絞ることで潜在的なニーズを見つけることができます。

また、インスタ以外のツール(TwtterやFacebookなど)で盛り上がっている市場でまだインスタ内で波が来ていない分野も狙い目ですね。

インスタよりもブログで稼ぐ方がコスパ良し

インスタグラムで稼ぐ方法を紹介してきました。

記事を読んでみてお分かりいただけたかと思いますが、インスタで稼ぐのはかなりハードルが高いです。

月10万円くらいの金額を稼ぎたいならインスタよりもブログのほうがコスパが良いと思います。

インスタには

  • 企業案件がないと厳しい
  • ブログよりも時間がかかる
  • ブランディングに力を注がないといけない

といった特徴があるため、ブログよりもインスタグラムのほうが割く労力は膨大です。

そのため、より短期間で月10万円ほどの金額を稼ぎたいのであれば、インスタよりもブログをおすすめします。

ブログなら毎日2~3時間の作業時間を確保できれば、半年以内で月収10万円を達成することも可能です。

スキマ時間でブログ収入を増やすノウハウを無料メルマガやラインで配信しているので、興味のある方はぜひ下のフォームから登録してください^^

 

ブログで月収20万稼ぐメールセッション

期間限定特典

『最短3カ月で月収20万円を稼ぐブログの作り方』を無料配布中

⇩LINEでブログ情報を発信中⇩
友だち追加

➢ライティングのご依頼はこちら

Instagram SNS
小野寺をフォローする
ノマドの流儀 小野寺(おのでら)公式ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました