散歩をするとメンタルが強くなる理由と健康効果!早朝散歩は危険?

メンタル・モチベ管理

どうも、小野寺です^^

突然ですが、あなたは散歩をしていますか?

散歩には多くの健康効果が期待されていることがわかっています。

ジョギングは辛いけど、散歩くらいなら誰でもできそうなので、これで健康になれるのならお得ですよね。

さらに、散歩を習慣にしているとうつ病を引き起こしにくく、メンタルが強くなるというデータもあるようです。

どんだけ散歩は偉大なんだ!w

こちらの記事では、散歩の健康効果と散歩をすることでメンタルが強くなる理由について解説していきます。

散歩の健康効果

散歩をすることで主に3つの健康効果があります。

  • 自律神経が整って快眠できる
  • 頭の回転が早くなる
  • 幸福度アップ

他にもたくさんのメリットはありますが、書ききれないので特に期待できる効果を挙げるとしたらこの3つです。

自律神経が整い、睡眠の質が良くなる

散歩をすることで副交感神経の働きを高めてくれます。

副交感神経は自律神経の一種でリラックス効果をもたらしてくれる機能を持っています。

副交感神経が正常に機能すれば、昼は活発になり、夜はよく眠れるというサイクルが出来上がってきます。

健康を維持するためには睡眠をしっかりとるのは必須ですからね。

よく眠れるようになるので、朝もつらくなくなりますし、日中は頭が冴えて楽しい日々を過ごせるようになりますよ!

何より、睡眠の時間が来るのが楽しくなってきますw

頭の回転が良くなる

散歩をすることで記憶力がよくなったり創造性が高くなったりします。

なぜかと言うと、適度な運動をすることによって体全体に血液が循環し、脳に新鮮な血液が送り込まれるからです。

巷では散歩のことを「脳の休息効果」と呼ぶくらい、脳に良い運動となっています。

ワーキングメモリという短期記憶を貯蔵する部分が脳にあるのですが、ここの機能が高まるので、ありとあらゆる面でパフォーマンスを発揮しやすくなります。

周囲の人からは「できる人」のレッテルを貼られて、生活を送れるようになるので、良い気分になれますよ笑

幸福度が上がる

脳内の神経伝達物質であるセロトニンが分泌され、幸福度が高まると言います。

幸福度が上がると精神的に余裕が生まれ、焦燥感や不安感を感じにくくなります。

余裕ができると、周りからの信頼も得られやすくなるので、事うまく運びやすくなるでしょう。

ある意味、散歩は人生の運を開く『扉』なのかもしれませんね。

なぜ散歩をするとメンタルが強くなるのか?

体の健康だけでなく、メンタルにも非常に良い効果をもたらしてくれる散歩。

特に自然の中を散歩すると心身ともに気分が良くなります。

こちらは私がよく散歩する公園なのですが、森林浴もできて清々しい気分になれますよw

それと、散歩の習慣があると、うつ病の発症率が格段と下がるようですよ。

うつ病発症率が下がるということは、メンタルが強くなるとも捉えられますよね。

なぜ、散歩をしただけでメンタルが強くなるのでしょうか?

 

ある実験では、100万人以上の男女を対象として、定期的な運動が肉体と脳の健康にどれだけの健康をもたらすのかを調査したと言います。

その結果、ウォーキングなどの運動プログラムを実施した大うつ病性障害のの患者は、症状が緩和されることが明らかになりました。

しかし、実験では運動によってメンタルの健康が良くなる傾向は見いだせても、その関連性については断定できるものではないと結論づけています。

どのようなメカニズムでメンタルの不調を回復できたのかは立証できなかったということですね。

ですが、明らかに精神疾患の患者が回復しているという統計データがあるので、定期的な軽い運動はメンタルを強くする作用がありそうです。

 

先に挙げた散歩によってセロトニンが分泌されることが大きな理由になっているような気もします。

もし、メンタルでお悩みの方がいたら、散歩から始めてみてはいかがでしょうか?

早朝散歩は危険

朝の散歩は朝日を浴びながら外を歩けるのでとても気持ちがいいですよね。

ですが、早朝の散歩はやり方を間違えると健康を害する恐れがあったのをご存知でしたか?

 

人間は睡眠時に200~600mlほどの汗をかいており、その分体内から水分が失われているということになります。

起きた直後は水分不足になっており、血液がドロドロになっています。

この状態で散歩に出かけると脱水症状や血管を詰まらせてしまう可能性が出てきてしまうので怖いですよね。

ですから、早朝散歩をする前には必ず水分をとるようにしてください。

特に牛乳は血管の中の水分量を増やして、血液をサラサラにしてくれる効果がありますので、散歩に出かける前はコップ1杯の牛乳を飲んでからいくとより健康効果を発揮してくれますよ。

 

起床後は水分が不足しているだけでなく、血糖値も低くなっています。

血糖値が低いまま散歩に出かけると、より疲れやすくなったり頭痛を引き起こしたりしてしまい、健康を害する恐れがあります。

さらに注意力も散漫になるので、外出すること自体が危険となってしまいます。

血糖値を上げるためには朝食をとるのが一番良いです。

ですが、朝食を準備したり食べたりしていると散歩の時間が無くなってしまうので、バナナなどのフルーツを1個食べるだけでも血糖値は上がります。

僕は朝食を食べすぎると、仕事への集中力が下がってしまうので、バナナ1本、コーヒー1杯に決めています。

 

朝食に牛乳とフルーツをとるって考えただけでも健康になれそうですよね笑

まとめ

散歩には多くのメリットがありますし、手頃に始められるのでお得ですよね。

むしろあまりデメリットが思い浮かびませんw

正しい方法で散歩をしないと逆効果になる恐れもあるので、散歩の前には適度な水分と食事をとることを心がけてください^^

僕のメルマガではビジネスにおいて重要なメンタルを鍛える方法についても発信しています。

興味のある方は下のフォームから登録してくださいね^^

 

ブログで月収20万稼ぐメールセッション

期間限定特典

『最短3カ月で月収20万円を稼ぐブログの作り方』を無料配布中

⇩LINEでブログ情報を発信中⇩
友だち追加

➢ライティングのご依頼はこちら

メンタル・モチベ管理
小野寺をフォローする
ノマドの流儀 小野寺(おのでら)公式ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました