カルロスゴーン逃亡劇ハリウッド映画化説から考察する高品質記事を書くコツ

与太話

どうも、オノデラです^^

カルロス・ゴーン氏の日本からの逃亡劇がハリウッド映画化されるのではないか?と話題になっております。

このニュースを受けて、ビジネスチャンスを掴むための秘訣が隠されていたと思ったので紹介します。

そして、ブログを書いている人なら高品質な記事を書くヒントにもなるので、そちらも合わせて考察していきたいと思います。

ぜひ最後まで読み進めていってくださいね。

カルロス・ゴーンの逃亡劇がハリウッド映画化説に至った経緯

カルロス・ゴーン氏は日産前会長で「有価証券報告書の虚偽記載」と「会社法違反」が原因となって逮捕されていました。

有価証券報告書とは、上場している会社が自社利益などの財政状況を開示する報告書のことでゴーン氏は偽りの金額を記載していたとのことで逮捕に至りました。

会社法違反については960条の特別背任罪に抵触したとされ、私的な損失を会社に押し付けたと疑いがかけられて逮捕されるようになりました。

 

本当にゴーン氏がこのような犯罪を犯したのかどうかは定かではありませんが、本人は否定し続けています。

ただ、ゴーン氏は保釈状態にレバノンへ海外逃亡をしたので、さらに事態が混乱するようになりました。

逃亡にはプライベートジェット機を使い、楽器ケースの中に隠れて脱出したと言われています。

カルロスゴーン氏の逃亡劇に関しては、ホリエモンこと堀江貴文氏がとても分かりやすく解説していたのでぜひ動画をご視聴ください。

カルロス・ゴーンの日本脱出はなぜ起きたのか解説します

ゴーン氏が本当に犯罪を犯したのかどうかは明らかではありませんが、保釈中に逃亡したことは法律違反です。

 

ゴーン氏が逃亡し、妻のキャロル氏と再会した時には

「まるで映画“ミッドナイト・エクスプレス”のようだと感じた」

と話しています。

ミッドナイト・エクスプレスは、アメリカ人がトルコの刑務所から脱獄する映画です。

ゴーン氏は刑務所にいたわけではなかったのですが、日本という獄から脱獄した感覚になったのでしょうね。

 

そして、これはゴーン氏本人だけが映画化をよぎったわけではなく、ハリウッドからもアプローチがあったといいます。

記者の「実現しそうなんですか?」という質問に対しては

「当然でしょう」

とかなり自信満々に返答しました。

容疑をかけられている状況での映画化構想はちょっとおもしろかったです。

このインタビュー動画を見て、クスッとしてしまうのは私だけでしょうか(笑)

ン被告、“逃亡劇”のハリウッド映画化に前向き

実際、映画化されたら面白いドキュメンタリーに映画になりそうなので観に行きたいと思いますw

ビジネスチャンスを作り出すためのマインド

カルロス・ゴーン氏は映画化にこぎつけるために逃亡したわけではないと思いますが、結果的に自身の行動が映画化されたら面白いと思ったので、ハリウッド映画化には前向きな姿勢を見せているのだと思います。

このゴーン氏の姿勢は、新しくビジネスを作っていく上でとても大切です。

なぜなら、思いがけないところから次のビジネスチャンスは生まれてくるものだからです。

 

こんな事を言うと、ビジネスは運任せのように聞こえますが違います。

偶然かのように思える出来事だったとしても、その偶然を引き寄せるためには必然の行動が必要になってきます。

偶然起こった出来事を必然のビジネスチャンスに変えるには、

  • たくさん行動すること
  • 失敗しても前向きな姿勢でいること

こういったマインドを持つべきです。

 

例えば、清涼飲料水の大手コカコーラがコーラを発明した時の話をご存知でしょうか。

薬品を作っていた所、謝って調合したものが美味しかったので、清涼飲料水として世に出しました。

さらに、ワインが作られた経緯も同様で失敗から出た産物です。

腐らせてしまったブドウを猿が食べて酔っていた姿をみて、れっきとしたお酒として売り出されるようになりました。

 

挑戦の試行回数が多ければ多いほど失敗はつきものですが、失敗から全く別の発想が思いつくことが大半です。

そして、新たなチャンスを掴むためには失敗していちいちくよくよしてはいけません。

失敗したとしても次に繋がると信じて前向きな姿勢を持っていてこそ、新たなビジネスチャンスを作り出すことができるのです。

ぜひ、こういったマインドを持って目の前の事に取り組んでみてくださいね。

高品質なブログを書くコツ

ビジネスチャンスを掴むためのマインドは高品質なブログを作る時にも使えます。

クオリティの高い記事は決まって、オリジナリティが溢れているのが共通して言えます。

オリジナリティを出すためには、自身の体験を盛り込むことが大切です。

その体験が奇抜であればあるほど、面白い内容になってきます。

 

普通に生きていたら訪れないような出来事を増やしていかなければなりません。

なので、1日中ずっと引きこもっているとあまりおもしろい内容は書けません。

(365日本当に一歩も外に出なかったら面白いかもしれませんがw)

スカイダイビングやバンジージャンプをした体験が盛り込まれていたらおもしろそうじゃないですか?

その時の情景や細かい心の描写を文章にしたら、小説を読んでいるような面白さが出てくるはずです。

 

こういったこともあって、ブロガーは面白い記事を書くためにも多くの体験談をストックしておく必要があるのです。

そのためにはノリの良さフットワークの軽さは大切です。

ブログを書く作業はパソコンに向かってるだけのように思えますが、高品質なコンテンツを作るためにはアクティブに行動していかなければならないのです。

まとめ

  • カルロス・ゴーンの逃亡劇がハリウッド映画化されそう
  • 前向きな姿勢でたくさん行動することで新たなチャンスが生まれる
  • 高品質な記事を書くためには日頃から自身の体験を増やすこと

ゴーン氏が犯罪者となるかどうかはさておき、映画化されたら絶対に面白いと思うので、絶対に観に行きます。

そして、ゴーン氏のマインドから我々ブロガーが学ぶべき姿勢が詰まっていました。

ぜひ、ブログを書く際にはゴーン氏が持っていた前向きにたくさん行動するマインドを持って体験を増やしていってくださいね。

僕のメルマガでは、時事ネタからブログを書く際の重要なマインドやテクニックを紹介しています。

興味のある方は下のフォームから申請してください。

ブログで月収20万稼ぐメールセッション

期間限定特典

『最短3カ月で月収20万円を稼ぐブログの作り方』を無料配布中

⇩LINEでブログ情報を発信中⇩
友だち追加

➢ライティングのご依頼はこちら

与太話
小野寺をフォローする
ノマドの流儀 小野寺(おのでら)公式ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました