【2020年5月更新】グーグルアドセンス審査に合格するコツとブログの作り方

イチオシ

どうも、小野寺です^^

アドセンス広告をつけて自分のブログを収益化したいという方は多いと思います。

広告を貼り付けられるようになるには、サイトを審査に出して通過しなければなりません。

 

近年、アドセンスの審査が厳しくなってきて、なかなか審査が通らないという声もちらほら見ます。

今さら始めても審査に通過するのは無理かな

こんな風に思う気持ちは分かりますが、一つずつ条件を満たすようにサイトを作り上げていけば必ず審査は通過できます。

 

僕は2018年6月に初めて個人でブログを立ち上げて、同年12月に合格しましたがそれまでに21回も審査に落ちてきました。

こんなどんくさい僕でも受かったのですから、この記事を見ているあなたもきっと受かるはずです。

そのためにはどんな条件を満たすべきなのかは頭に入れておきましょう。

 

本記事では、グーグルアドセンスのアカウントを開設していることを前提に話を解説していきます。

まだアカウントを開設していない方はこちらの記事を参考にしてください。

【2020】Googleアドセンスアカウント作成と申請方法を図解!審査合格のコツ
どうもオノデラです^^ これからブログで稼ごうと考えている方にはグーグルアドセンスで稼ぐことをオススメしています。 オススメ理由はこちらの記事で解説しているのでぜひ目を通してみてください。 ▶ネットビジネス初...

 

ある時、

アドセンス審査が通らない

と困っていた年上の友人がいました。

私はその友人にアドセンス審査に合格できるようアドバイスをしていたので、合格した時の一部の様子もご紹介します。

その後、「電話で感謝を伝えたい」とメッセージが来たので電話したのですが、

小野寺の言う通りにやっていたら合格したよ、ありがとう。

と言われた時にはジーンとしましたね。

 

その友人は僕が言っている事と違う情報を手に入れたとしても

小野寺が先生だから、小野寺を信じる!

と言ってくれており、信頼してくれているので私も常に学び続けていかなければと身の引き締まる想いでいます。

 

グーグル・アドセンスの審査に通らなくて困っているという方は多いので、こちらの記事では僕や友人、コンサル生が合格した時の情報を基に合格するための情報をまとめました。

参考にしていただけると嬉しいです。

 

他にも指導していたコンサル生がアドセンスに合格した様子を紹介します。

【動画】アドセンス審査の合格のコツと不合格を回避する申請頻度

【2020年】アドセンス審査の合格のコツと不合格を回避する申請頻度も

アドセンスプログラムポリシーと禁止コンテンツ

アドセンス審査に通るためにはGoogleが定めている規約を熟知しておく必要があります。

Googleが公開している規約には、

  • AdSenseプログラムポリシー
  • ウェブマスター向けガイドライン
  • 禁止コンテンツ

があります。

一つずつ見ていきましょう。

AdSenseプログラムポリシー

AdSenseプログラムポリシーとは、これからアドセンス広告を利用する人が守らなければならないルールのことです。

Googleが公式的に公開しているので必ずチェックするようにしてください。

AdSense プログラム ポリシー

これらを守らなければアドセンス審査には合格できません。

サイトを作る際には意識していきましょう。

ウェブマスター向けガイドライン

ウェブマスターガイドラインとは、Googleが推奨するサイトの作り方の概要です。

このガイドラインに沿ってサイトを作成していくと、Google検索エンジンからサイトを認識され、インデックス登録され、ランク付けといった作業がスムーズに進みます。

SEO的にもちょっと有利になる可能性があるので、ガイドラインに沿ったサイト作りを目指しましょう。

 

インデックス登録はグーグルサーチコンソールからもできますが詳しくはこちらの記事で解説しています。

Googleサーチコンソールに自分のサイトを登録する方法と記事をインデックスする方法
どうも、小野寺です^^ 記事を書いたら必ずgoogleサーチコンソールで記事をインデックスしてください。 と言われても、ピンと来ないですよね(笑) でも、この作業はブログを書いていく上で非常に大切な作業です。 今回は...

サイトの品質がある一定以上に保たれていないとアドセンスには受からないので、Googleが定める品質の基準はこちらから確認するようにしてください。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

禁止コンテンツ

禁止コンテンツがあるサイトは一発で審査から落とされます。

どんなコンテンツが禁止されているのか把握して、もしサイト内にあるのなら除外するようにしましょう。

  • アダルト コンテンツ
  • 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  • 危険または中傷的なコンテンツ
  • 危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
  • アルコールに関連するコンテンツ
  • タバコに関連するコンテンツ
  • ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
  • ヘルスケアに関連するコンテンツ
  • ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
  • 報酬プログラムを提供するページ
  • 不適切な表示に関連するコンテンツ
  • 衝撃的なコンテンツ
  • 武器および兵器に関連するコンテンツ
  • 不正行為を助長するコンテンツ
  • 違法なコンテンツ

引用元:コンテンツ ポリシー 禁止コンテンツ

特にGoogleが厳しく取り締まっているジャンルとしては、

  • アダルト
  • 薬物
  • 暴力
  • アルコール
  • たばこ

が挙げられます。

NGな画像やワードをこちらの記事でまとめたので参考にしてください。

無料ブログでもアドセンス審査通過できる?NGな水着画像とワードについても
どうも、小野寺です^^ アドセンス広告をつけてブログで稼ぐ人も増えてきましたね。 いざ自分のブログにアドセンス広告をつけようと思っても、なかなか審査に通らないということもよくあります。 本記事では、審査に際して無料ブログで...

 

上記のワードが入っているだけでも審査にはひっかかるという意見もありますが、大事なのは

どのようにそのワードを取り扱っているか

です。

 

必ずしもこのワードが入っていると受からないというわけではありませんが、審査前の時点ではこれらの言葉は取り扱わないほうが良いでしょう。

Googleアドセンスが公開している審査基準についての動画が参考になりますので一度目を通しておくと良いと思います。

違反例とポリシー対応方法- これであなたもポリシーマスター

グーグルアドセンス審査通過に合格するためのコツ

Googleプログラムポリシーや禁止コンテンツにひっかからないようにサイトを作ってもなかなか審査に受からないことが多々あります。

僕も自他共に認めるほどの高い品質のサイトを作っても21回落ちてますからね(笑)

審査に受からない時はどんな点を見ていけばいいのか3つ紹介していきます。

オリジナリティがあるか

オリジナリティはサイトを運営する上でとても大切です。

そもそも他のサイトでも分かるようなことが書いていては面白くないですよね。

では、オリジナリティとはどんな事を指すのでしょうか。

自分の意見と体験

これを盛り込むと一気にオリジナリティが増して、あなただけのサイトができます。

 

過去の僕は、

自分の意見や体験を書いても面白くないでしょ

と思って書いていませんでした。

 

でも自分の挙動を振り返ってみると、ネットサーフィンをしていてサイト運営者の意見や体験のある記事は見ていて面白いと感じていたことを思い出しました。

初心者でありがちですが、自分の意見や体験に価値を見いだせていない人が多いです。

 

あなたの意見や体験は価値あるものなのでどんどん発信していったほうがいいでしょう。

さらにオリジナリティを出すには、自分で撮影した写真を利用するのも効果があります。

読者に価値を提供できる内容か

読者に価値を提供している内容かどうかも非常に重要です。

サイトを運営している以上、あなたは立派な情報サービス提供者となります。

商品やサービスを売っている人はお客さんに対して、最高の品質のものを提供するという気構えを持っていると思います。

 

そういうと、プレッシャーになるかと思いますが、今持っている段階で最高のものでいいんです。

というか、そういう意識でないといつまで経っても発信なんてできませんよねw

価値を提供するコツとしては、

読者の悩みを解決してあげる内容

を含む必要があります。

 

節約する方法を知りたい

という人に対して、自分が体験した節約術の成功体験と失敗体験を書いていけば、読者のお悩み解決のきっかけになりえますよね。

しかし、「節約する方法を知りたい」のに開いてみたページが「お金をたくさん稼ぐ方法」だったら良い品質の記事とは言えません。

読者のニーズを満たすには、記事タイトルと内容で整合性がとれていることが大切ですね。

運営者の顔が見えるか

運営者の顔が見えるかどうかでもサイトの信頼性に影響してきます。

このように言うと、顔写真や本名を公開しないといけないのかと不安になる人もいることでしょう。

 

そんなことはありません。

匿名で顔写真不要で問題ありません。

しかし、どんな人物が運営しているのかプロフィール記事は載せてください。

さらに、問い合わせフォームを設置しておくと信頼性も高まります。

グーグル・アドセンス審査に関するよくある質問

アドセンス審査に関する質問でよくある質問をこちらでまとめました。

1記事あたりの文字数はどれくらいほしいですか?

昔は500文字くらいの記事数でも通っていたみたいですが、最近は文字数は重要項目となってきています。

というのも、価値あるコンテンツと文字数には関連性があるとされているからです。

 

アメリカの研究チームが出した結果によると、

良質なコンテンツを作るためには、日本語だと1000文字は最低必要

だとしています。

 

確かに質の高い記事を書こうとしたら、読みやすさを重視するようになりますし、起承転結や根拠に基づいた意見を書く必要が出てきます。

そうなってくると、文字数は自然と多くなってくるものです。

 

グーグルは良質なコンテンツを作っいる事を前提にアドセンス合格を与えるので、文字数はコンテンツの良し悪しの目安になっている事は間違いありません。

定説では2000文字は必要とされていますが、私の見解だと3000文字は必要かと思っています。

 

記事を書いていると分かってくる思いますが、2000文字だとあまり良いコンテンツを作るのは難しい文字数だと感じます。

最低でも3000文字くらいのボリュームがあってこそ読み応えも出てきますし、良質な情報を読者に与えることができます。

無料ブログでは合格できないのですか?

2019年現在では、無料ブログではグーグル・アドセンス申請ができません。

2016年以前は申請できていたので、アメブロやはてブロにアドセンス広告がついているサイトは運営歴が長いサイトということが分かります。

申請する場合には独自ドメインを取得する必要あります。

 

独自ドメインとはサイトURL「https://〇〇◯.〇〇」の「〇〇◯.〇〇」部分のことです。

つまり、こちらのサイトの独自ドメインは、「onodera58.com」となります。

 

独自ドメインはエックスサーバーなどのサーバーと契約することで取得することができます。

こちらのサイトは、サーバーはエックスサーバーで契約しており、ドメインはバリュードメインで取得しています。

独自ドメインってなに?バリュードメインでドメインを取得する方法
どうも、小野寺です^^ ブログを開設するにはドメインの取得が必須となります。 本記事では、バリュードメインで独自ドメインを取得する方法について解説していきます。 【動画】バリュードメインでドメインを取得する 独自...

あと、独自ドメインだとしてもサブドメインやサブディレクトリだと申請はできないので気をつけてくださいね。

サブドメイン………◯◯◯.□□.com
サブディレクトリ………◯◯◯.□□.com/△△

審査に通りやすいジャンルはありますか?

アダルトやたばこなどの規約違反になっていないジャンルならば、ぶっちゃけどんなジャンルでも審査には通るというのが私の見解です。

なので自分が書きやすいジャンルを選ぶようにしましょう。

 

参考までに過去、私や友人が運営しているサイトでアドセンスに合格したジャンルを紹介しておきますね。

  • 野球に関する情報サイト
  • アニメ・漫画・映画のトレンド情報
  • 経済・金融関連のニュースの感想
  • ハムスターの飼い方
  • ガジェット系のノウハウサイト

どれも自分の感想や体験などを盛り込んでオリジナリティを出していったからこそアドセンスに合格できたのだと感じております。

 

グーグルから見た時に

このサイトはオリジナル性がある

と判断してもらえるように、自分の感想や体験部分には下線やマーカーで目立たせるのも良い方法ですね。

アドセンスの再審査は期間を空けないといけないですか?

諸説ありますが、再審査する時には期間は空けなくても問題ないと思っています。

定説では

審査結果が届いてから2週間から3週間は空けないといけない

となっています。

 

理由としては、申請の頻度が多すぎると、機械判定されて自動的に弾かれてしまうからとのことでした。

私が推奨する申請頻度は以下となります。

毎日申請に出す週を決めて、その日は毎日申請に出してください。

 

え?でもそれだと機械に弾かれるんじゃないの?

と心配になるかもしれませんが、機械に弾かれるようになったら機械判定から外れるまで期間を空ければいいのです。

定説のやり方だと1ヶ月に1~2回しか申請を出せないということになりますから、時間のロスです。

 

なので、1週間毎日申請して不合格ならば、再申請まで2~3週間は空けるようにしましょう。

毎日申請すると言っても、必ず以前の申請時から何かしら改善してから再申請するようにしてくださいね。

カテゴリーはいくつ必要ですか?

カテゴリーは少なくても3つあるといいですね。

カテゴリーの数よりも大切になってくるのは、一つのカテゴリーをいかに充実させるかです。

 

1つ辺りのカテゴリーには5記事は必要だと感じます。

予めカテゴリーを作るというよりは、一つのカテゴリーで書けるネタが無くなるくらい書いたら次のカテゴリーで記事を書き進めるほうがいいでしょう。

何記事書けばいいですか?

リサーチしてみると、20記事~30記事書いたあたりで申請に出すという意見が多い印象でした。

ですが、200記事書いても合格しない人もいれば、3記事で合格した人もいますので、記事数よりも大事なのはコンテンツのクオリティです。

 

1記事も投稿していない状態で申請に出すのは辞めてくださいね。

これは、白紙の履歴書を面接に持ってくるようなものなので、絶対に合格しません。

確実に何記事必要という事は言えませんが、渾身の3記事を書いたら一度アドセンスの審査に出してみるといいですよ。

更新頻度はどれくらい必要ですか?

なるべく毎日更新したほうがいいです。

サイトが現在も運営されているという事がGoogle側に伝わればOKなので、毎日更新していなくても合格することはあります。

 

経験上ですが、1週間3本とか2日に1本というよりも、毎日更新していたほうが楽ですよ。

マラソンと一緒で、途中で歩みを止めるとエンジンをかけ直すのが大変なので。

見出しはつけたほうがいいですか?

見出しをつけないと読みづらい記事になってしまいます。

品質の低いコンテンツとしてみなされてしまう恐れがあるので見出しはつけたほうがいいでしょう。

見出しは、編集画面のこちらで付けることができます。

必ず見出し1(h1)は使わないようにして、見出し2(h2)以降を使うようにしてください。

見出し1は記事タイトルのことを指すので、本文中にはh2以降を使う必要があるからです。

Windowsだと「Shift + Alt + 2」といったショートカットキーを使うと記事執筆の効率が格段と上がるので覚えておくと良いですよ!

画像は使っても大丈夫ですか?

画像は使っても大丈夫です。

むしろ画像を使うことでアドセンスに合格しやすくなると思っています。

画像を使う場合は、必ず自分で撮影した画像を使うようにしてくださいね。

 

著作権的にはフリー素材を使っても大丈夫ですが、オリジナリティ出ないので合格する確率が上がりません。

 

また、画像の代わりにツイッターやインスタグラムの埋め込みをする場合があります。

これは全然問題ありませんが、使うとしたら自分のアカウントの埋め込みをすべきですね。

 

当然ですが、画像検索で見つかるような著作権を侵害する画像は絶対に使わないようにしましょう。

アクセス数はどれくらい必要ですか?

アクセス数はアドセンス合格とは全く関係ありません。

アクセス0でも合格する事例をたくさん見てきました。

 

アクセスが多ければ多いほど合格しやすいと思いがちですが、1日1000PV集まっているサイトを申請に出しても通らないケースも多いです。

ですが、審査通過前にアクセスを集めておくと、アドセンス広告を貼り付けた直後に収益が発生するので、アクセス集めには力を入れておきましょう。

サイトの運営歴はどれくらい必要ですか?

これは長ければ長いほど有利になる傾向があるように思います。

5年ほど運営していたブログ(サークルのサイト)は日記のような内容しか書いていなかったのですが、1発で合格しました。

 

逆に有益な情報を載せているサイトでは立ち上げ1ヶ月で申請しても合格しないという事例も経験してきましたので。

ですが、運営歴が短くても価値あるコンテンツを投稿していれば、立ち上げて2週間で合格できるのも事実です。

あまり運営歴には縛られずにアドセンス審査には申請するようにしましょう。

審査基準はGoogleにしか分からない

審査基準について説明してきましたが、結局のところ審査に通過するかはGoogleが判断することです。

プライバシーポリシーや禁止コンテンツに全くひっかからなくても不合格の通知を受ける時だってあります。

 

僕の場合、全くいじっていない状態で3日連続で審査に出したら3日目に合格通知が来ました。

それじゃ、どうしようもないじゃん!

と思うかもしれませんが、最善を尽くす必要はあると思っています。

 

スポーツでも誤審があったとしても審判に従わないといけませんよね。

それがルールですから。

 

グーグルアドセンスはGoogleが提供しているサービスですので、Googleが絶対的な基準となります。

だから、合格できなくても文句や不満を言ってはいけないんです。(言ってもいいですが何も変わりません(笑))

一つアドバイスをすると、

もし自分がGoogleの人間だったらこのサイトを見て合格を出すだろうか

こういう目を持つと一気に合格率は上がります。

 

ネット上だとついついネットの向こう側の人の気持ちをおざなりにしがちですが、あなたのサイトを見るのは紛れもなく「」です。

見る人の気持ちに立ってサイトを作っていけば、必ずアドセンスにも合格するでしょう。

 

Googleが公開している規約は最低限満たすようにして、その後にコンテンツの品質向上のコツを満たすようにしましょう。

なかなか受からない事態に陥った時、一番大事なのは

諦めないこと

です。

 

当たり前のことですが意外にもここでつまずいて諦めてしまう人が多いです。

時間はかかっても諦めなければいつか花開くので、その時を掴むまで試行錯誤していきましょう。

グーグルアドンセンス審査に合格するための方法まとめ

グーグルアドセンス審査に合格するために必要な項目をまとめました。

  • アダルト、たばこ、暴力、薬物、アルコールといった記事は避ける
  • オリジナリティを重視する
  • 読者に有益となる情報を盛り込んで記事を書く
  • 運営者情報・プライバシーポリシー・問い合わせページを載せる
  • 自分の書きやすいジャンルを選ぶ
  • タイトルや見出しをしっかりつける
  • 画像や動画はオリジナルのものを使用する
  • 審査に出す頻度は1週間は毎日、それでも受からなかったら2,3週間空ける
  • アクセス数は関係ない

こちらの情報は常に更新するので、新しい規約・ルールができたら追記・修正していきます。

なかなかアドセンス審査に合格できないというあなたへ

こうすれば必ず合格する!といった完全解はありませんが、自身の経験や友人やコンサル生からの体験を踏まえて記事にしています。

私自身、アドセンス審査に関してはとてつもなく落ちて、研究に研究を重ねていったので、アドセンス審査合格のためのノウハウには自信があります。

どうしても、アドセンス審査に合格できないという場合は、下記から私にご相談ください。

無料相談はこちら>>

▼LINE公式アカウントでも相談を受け付けているのでお気軽に友達追加してメッセージしてくださいね。

友だち追加

アドセンスブログで稼ぎたいという方はこちらの記事が参考になりますのでこちらもご覧ください。

WordPressブログの始め方手順!グーグルアドセンスで月収10万円稼ぐPV数も
どうも、オノデラです^^ ブログで稼ぐというと月収10万円が一つの及第点となっています。 ネットビジネス初心者だと、この段階までいくのにどれくらいの作業量が必要なのか見当がつかないと思います。 本記事では、WordPres...

無料公式メルマガの登録はこちら

趣味ブログで月収10万円稼ぐメールセッション

無料メルマガに登録すると、以下の特典がついてきます!

【特典1】ネットビジネスゼロカリキュラム

ブログをメインとしたネットビジネスを始めようとする人向けに必ず揃えておきたいアイテムをまとめました。

不要なものと必要なものが分かります。

【特典2】超有料級!リサーチから投稿までの記事執筆動画

ブログを書く流れをネタ探し、キーワード選定、記事執筆、分析まで1本の動画でまとめています。

正しい書き方が1発で分かる内容となっている貴重な特典です!

【特典3】1回限定!小野寺とSkype音声相談

メルマガを読み進めた方限定で、ブログの相談を無料で受けます!

希望者はメルマガで送るSkype IDで申請すると、即時対応できます。




↓LINEでブログに関する相談ができます↓

友だち追加

イチオシ アドセンスブログ
小野寺をフォローする
デラプロ 小野寺(おのでら)公式ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました