ホリエモンロケットMOMO(モモ)の名前の由来から学ぶ言霊の効果と使い方

与太話

どうも、小野寺です^^

ここ近年、ホリエモンロケットが話題になっています。

ロケットの名前は「MOMO」と言うのですが、発射成功できたのはこのロケットの名前からエネルギーをもらっていたからではないかと思っています。

言葉による力を”言霊“とも呼んだりします。

こちらの記事では、ホリエモンロケットの名前の由来に触れながら、言霊の効果について掘り下げていきます。

ホリエモンロケットMOMO(モモ)の名前の由来

ホリエモンこと堀江貴文さんが宇宙開発事業に取り組んでいることは世間でも話題になっています。

厳密に言うと、堀江さんが宇宙開発事業に取り組んでいるわけではなく、宇宙開発事業をしているインターステラテクノロジズ(株)に出資しているということです。

私財で60億円以上もの投資をしてきたと公表していました。

スケールが桁違いですよね^^;

よく「ホリエモンロケット」と言われるので、堀江さんが宇宙開発事業の会社を経営しているかのように思われますが、ロケットを開発しているのは別の会社なのでお間違いなく。

 

インターステラテクノロジズはすでにロケットを何発か打ち上げており、発射の様子は動画で公開されていたので載せておきます。

▼民間ロケット「MOMO」1号機打ち上げ

民間ロケット「MOMO」1号機打ち上げ

▼ホリエモンロケット「MOMO2号機」打ち上げ失敗(IST提供)

ホリエモンロケット「MOMO2号機」打ち上げ失敗(IST提供)

▼ホリエモンロケットこと「MOMO」3号機、打ち上げ成功 民間単独で国内初 北海道・大樹町

ホリエモンロケットこと「MOMO」3号機、打ち上げ成功 民間単独で国内初 北海道・大樹町

こちらのロケットの名前は「MOMO(モモ)」と名付けられています。

この名前を聞いて桃をイメージした人も多いのではないでしょうかw

ですが、MOMOは漢字の「」が由来となっていました。

「ひゃく」と読むことの多い「百」ですが、こちらの漢字は「もも」とも読めますよね。

 

なぜ、「百」という漢字を使ったのでしょうか?

それは、高度100キロメートルまで到達させる!という意味を込めたからです。

大気圏は対流圏、成層圏、中間圏、熱圏、外気圏に分類され、最も地球の外側にある外気圏は高度500キロを超えるので、まだ高度100キロだと大気圏内です。

ですが、一般的には大気がほとんどなくなる高度100キロ先から宇宙と呼んでいるので、ロケットに「百」という漢字を使った「MOMO」を名付けたのでしょうね。

 

民間の宇宙開発事業でロケットを打ち上げるのはかなりハードルが高いように思われましたが、3号機まで開発し打ち上げを成功させているのですからさすがですよね。

心が折れそうになる事もたくさんあったでしょうが忍耐強く確実に前進できたのは、ロケットの名前から力をもらっていたからではないかと踏んでいます。

なぜなら、名前には言霊が宿り人間の行動に大きく効果をもたらすからです。

ビジネスをしている人なら言霊を大切にしていく必要があるので、ここからは言霊について掘り下げていきたいと思います。

名前には言霊が宿り効果がある

言霊とは言葉には魂が宿り、その言葉によって現実に影響をもたらしていくというものです。

スピリチュアルな現象のように思いますが、ロジックで説明すると以下の通り。

言葉を発する
  ↓
思考が変わる
  ↓
行動が変わる
  ↓
人生が変わる

人は発した言葉や受け取った言葉によって考えが形成されていきます。

ポジティブな言葉を受け取った脳は物事をポジティブに考えられるようになり、ネガティブな言葉を受け取った脳は物事をネガティブにとらえていくようになります。

 

そして、人間は考えたことによって行動していきますから、どんな思考を持っているかによって行動が変わっていきます。

人生は行動の連続なので、普段の行動によって人生の方向が決まってくるのです。

つまり、すべての始まりは「言葉」なんですよね。

 

 

ロケットの名前を”MOMO”にしたことで、ロケット開発に携わるたびに

「高度100キロを到達する!」

という目標を再確認できていたのだと考えられます。

 

特に物や人の名前は常についてくるものなので大事なのですが、普段の生活で使う言葉にも気をつけなければなりません。

人生を好転させたいというのなら、発する言葉、浴びる言葉に注意して生活してみてください。

言霊を有効に使うためのコツ

言霊は”引き寄せの法則“とも言いかえることもできます。

考えていることが現実に引き寄せられるという法則ですね。

簡単な例を挙げると、お金持ちになると考えていたら本当にお金持ちになるという感じのものです。

そんな胡散臭いこと信じられないかもしれませんが、これは先述したロジックで考えると、お金持ちになると考えているとお金持ちになるための行動をとるようになるので、結果的にお金持ちになっていくということになります。

だから、引き寄せの法則は単なるスピリチュアルな考え方ではなくて、よくよく考えてみると現実的な法則であることはお分かりいただけると思います。

 

ただ、言霊とか引き寄せの法則は上手に使っていかなければ効果を発揮することはできません。

人生を好転させるためには、コツがあるのです。

それは、ポジティブな言葉を毎日唱えることです。

例を挙げると以下のような言葉があります。

  • ついてる
  • うれしい
  • たのしい
  • 良い1日だった
  • 幸せだ
  • ありがとう
  • 感謝してます
  • すべてがうまくいく
  • 素晴らしいことが起こった

こういったポジティブな言葉を1日の始めに唱えるようにしてください。

より効果を大きくするためには過去形にするといいと言われているのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

毎日続けていると、徐々に効果を実感できますよ。

 

ですが、このような言葉を話していても効果を感じられないというケースがあります。

効果を感じられないという人は潜在意識に嘘をついているからです。

これだけだと意味が分からないと思いますので、丁寧に解説していきます。

 

人間の意識には顕在意識と潜在意識があり、よく氷山に例えられます。

海面の上に出ている氷山は実は全体のほんの僅かしかなく、海面下にはもっと大きな氷山が隠れています。

見えている部分は少ない様子が、人間の意識と似ているので例えやすいのです。

見えている部分が顕在意識、見えていない部分が潜在意識となります。

そして、それぞれ以下の割合で存在しています。

顕在意識は3~10%、潜在意識は90~97%で人間は生きているのです。

つまり、自分では無意識に考えている事で思考が形成されていき、行動をとっているのです。

潜在意識はもう一人の自分と捉えることができます。

「やるぞ!」と決心しても結局やらないというパターンを繰り返していると、潜在意識は約束を破られたという思いになります。

完全に自分に対して信用を失っている状況なんですよね。

 

なので潜在意識に対して信用を取り戻す必要があります。

人に対して信用されるためには、言ったことを実行するしかありません。

潜在意識に対して信用される時も一緒で、小さなことでも有言実行していく行動を積み重ねていかなければなりません。

つまり、何かをする時にはこれをやる!と言ってから取り組むようにすれば良いです。

潜在意識が有言実行したと認識するので、ポジティブな言葉を唱えた時に今度の言葉は本物だと信じてくれるようになります。

 

このようにして、潜在意識からの信用を得られるようにしていくと、引き寄せの法則も上手に使えるようになりますよ。

まとめ

  • ホリエモンロケットMOMOの由来は「百」
  • 発する言葉で人生に大きな影響をもたらす
  • 言霊で効果を出すためには潜在意識からの信用を得る必要がある

まだまだMOMOは開発を続け、さらなる成長を遂げようと頑張っています。

宇宙開発の発展が進むように応援していきましょう!

そして、ビジネスなど何かに挑戦する際には言霊を大切にしてくださいね。

言葉によって考えが形成され、成功するかどうか左右すると言っても過言ではありませんから!

僕のメルマガではビジネスを成功させるためのマインドやノウハウを紹介しています。

興味のある方は下のフォームから登録してください。

ブログで月収20万稼ぐメールセッション

期間限定特典

『最短3カ月で月収20万円を稼ぐブログの作り方』を無料配布中

⇩LINEでブログ情報を発信中⇩
友だち追加

➢ライティングのご依頼はこちら

与太話
小野寺をフォローする
ノマドの流儀 小野寺(おのでら)公式ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました