日ハム新球場エスコンフィールド北海道に日本初の温泉付きにした理由から学ぶ集客のコツ

与太話

どうも、オノデラです^^

北海道日本ハムファイターズの新球場の名前が決まりました。

エスコンフィールド北海道」です。

◯◯スタジアムとか〇〇ドームといった名前が多い中、〇〇フィールドという名前にしたので目新しさを感じさせてくれます。

エスコンフィールド北海道は2023年から開業します。

この時が待ち遠しいですね。

エスコンフィールド北海道といえば、日本初の温泉付き球場として設計されたことで話題になっていました。

こちらの記事では、エスコンフィールド北海道に温泉をつけた理由や成功するかどうかの考察をしていきたいとおもいます。

日ハム新球場「エスコンフィールド北海道」に温泉をつけた理由

エスコンフィールド北海道のレフト席上段には、温泉設備を設置する計画が打ち出されています。

つまり、温泉に入りながら野球観戦ができるということです。

温泉は服を着て入るのか、裸で入らないといけないのかは未定ですが、温泉につかりながら野球観戦できるとは、メジャーリーグの試合を観戦している気分を味わえそうですよね。

メジャーでは、温泉ではないもののジャグジーを設置している球場はあります。

アリゾナ・ダイヤモンドバックスの本拠地であるチェイスフィールドです。

エスコンフィールドが完成したらわざわざアメリカに行かなくてもアメリカ気分を味わえるかもしれません。

ところで、なぜ温泉をつけようと思ったのでしょうか?

どんな狙いを持って、温泉付きの球場を作ったのか気になりますよね。

 

理由に関しては明言しているものはありませんが、野球場を作る上で一番に考えないといけないのは観客動員数を増やすということですよね。

つまり、集客です。

たくさんの人に

この球場に行ってみたい!

と思わせる要素を盛り込まないといけません。

普通に野球ができるだけの球場だったら、観戦したいだけの人は行きたいとは思えません。

行ってみたいと思わせるためには他の球場にはない特色を備えておく必要があります。

そこで、温泉に目を付けたのだと思います。

エスコンフィールド北海道を建設する土地を掘っていけば、天然温泉が湧き出るとのことでした。

1200~1300メートルほど掘らないといけないようですが。

 

温泉をつけた理由としては、集客のためと結論付けさせてください。

どんなビジネスをするにしても、販売に至る前段階である「集客」でもがく人が大半です。

集客をする上で最も大切な事があるので紹介していきます。

集客にはペルソナ設定が大切

ビジネスをする上で集客は最も大事と言っても過言ではありません。

お客さんが集まらなかったらどんなに良いサービスや商品を用意しても意味ないですからね。

提供するものを準備したら、集客に100%コミットするぐらいの気持ちで力を入れないと、うまくいきません。

集客はそれぐらい大変な段階なのです。

 

エスコンフィールド北海道も集客のために温泉をつけたと思いますが、集客において最も意識すべき事は

ペルソナ

です。

ペルソナとは、商品やサービスを利用する顧客の中で最も重要な人物モデルのことです。

 

ペルソナの例としては、

  • 田舎から上京しておしゃれに目覚めたものの金欠な都内在住の20代女性
  • プログラミングスキルを持っていて独立を考えている銀座勤務の30代男性
  • 夫婦間の関係が希薄であることに悩んでいる40代女性
  • 若者の価値観についていけない50代男性

といったものがあります。

性別や年齢、住まいなどもあればいいのですが、ペルソナ設定をする時に最も重要なのは、

どんな悩みを抱えているのか

を明確に設定することです。

ここを設定しなければ、ペルソナを作る意味がありません。

むしろ、悩みがしっかりと設定されていれば、他の項目はそこまで重要ではないと言っても過言ではありません。

もちろん、具体的にあったほうが良いのですが。

 

設定したペルソナが商品やサービスに触れた時に悩みが解消されて、どんな行動に移してほしいのかを考えると提供物の特徴を整えていきやすいです。

エスコンフィールド北海道の場合、

  • ペルソナ:北海道以外に住んでいる野球を生で観たい男性か女性 or リラックスしながら日本の野球を観たい外国人
  • どんな行動に移してもらいたいか:野球の試合の広告を観た時に、球場へ足を運んでほしい

といったところでしょうか。

そして、このペルソナ設定はネットビジネスでは特に重要なので、その重要性について掘り下げていきます。

ペルソナ設定はネットビジネスでは特に重要

ペルソナを設定しておくことが重要というのは、ブログやTwitterでも同じことが言えます。

ブログだとPV数を集めなければなりませんが、記事ごとにペルソナを設定する必要があります。

どんな読者が見るのかを先に決めて、記事を書き上げていかなければなりません。

それと同時に、記事を読んだ読者に読了後どんな行動をとってもらいたいのかまで考える必要があります。

 

例えば、格安SIMに変えようかどうか悩んでいる男子大学生がペルソナでしたら、まずは記事を見た時に格安SIMの手続きをするような行動をとれるようにしてもらいたいと設定します。

ここまで考えられたら、

  • 格安SIMと大手キャリアの料金比較
  • 格安SIMのメリット
  • 格安SIMにしても通信障壁はないのか

といった内容を書けますよね。

 

Twitterでも同様です。

140字のツイートの中に、見た人に対してどんな行動や反応を起こしたいのか、熱意を込めて書いていく必要があります。

たかがツイート、されどツイートです。

一言のツイートで、見た人の人生が変わるかもしれないので情報を発信する時には、ネットの奥の人のことまで考えるようにしましょう。

 

個人的な感覚ですが、ブログよりもツイッターのほうが難しい印象があります。

なぜなら、Twitterのほうが短い制限文字数の中で伝えたいことを凝縮しなければならないからです。

ブログだと伝えたいことをつらつらと書いていけばいいだけですから(文章構成はかんがえなければなりませんが)、比較的楽ちんです。

文字に制限がある点がツイッターの面白いところなんですけどね。

 

ただ、ペルソナを設定したからといって、必ず成功するとは限りません。

正直、失敗するかもしれません。

でも新しい試みにチャレンジしてみなければ失敗するかどうかも分かりません。

 

失敗したら成功するまで改善すればいいですよね。

エスコンフィールド北海道の場合、

「もしかしたら湯気で野球が観戦できないかもしれない。」

「温泉の維持費用がかさんで赤字になるかもしれない。」

といったリスクはあります。

 

こういったリスクを事前に考えて計算して対策しておく必要はありますが、実際に運営を開始しなければ見えてこないものもありますので、とにかく始めることは大切ですよね。

ネットビジネスの成功に必要な考え方

ブログやTwitterで収入を稼ぎたいという人が増えてきました。

ネットで稼ぐと聞いたら、趣味感覚で片手間で稼げるという考えを持った人が一定数います。

ブログで生計を立てている人を見た時に「胡散臭い」とか「あやしい」とか言う人はまだいます。

きっとそういう人はブログやTwitterで稼ぐ仕組みを知らないだけでなく、ブログやTwitterを「遊び」とか「趣味」で使うものという認識が染み付いているのだと思います。

でも、ネットビジネスと言う言葉があるくらいなので、ブログでTwitterで稼ごうと思ったら、「ビジネス」の意識を持つべきです。

 

ビジネスの意識を持ったら、本気で取り組むのが正常ですよね。

ネットビジネスである程度の成功を収めたいのなら、本気で取り組まなければなりません。

本気だったら、一度失敗したところで諦めることはないと思います。

ビジネスで成功を収めたいと思うのなら、何度失敗しても成功するまで改善を繰り返すはずです。

ブログやTwitterで稼ぎたいのなら、本気で取り組んでみてください。

本気で取り組むためには「ビジネスをしている」という意識を持つ必要があると思います。

 

僕のメルマガでは、ネットビジネスで成果を出すためのノウハウやマインドを配信しています。

なかなか思ったよりも成果が出ないと悩んでいる方は、ぜひ下のフォームから申請してくださいね!

ブログで月収20万稼ぐメールセッション

期間限定特典

『最短3カ月で月収20万円を稼ぐブログの作り方』を無料配布中

⇩LINEでブログ情報を発信中⇩
友だち追加

➢ライティングのご依頼はこちら

与太話
小野寺をフォローする
ノマドの流儀 小野寺(おのでら)公式ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました