ネットビジネス初心者あるある|周りに差を付けられた際に意識すること

マインドセット

どうも、小野寺です^^

ネットビジネスを始めるに当たって、ビジネスコミュニティに所属することは強くオススメします。

周囲に同じに向かって努力している人がいるだけで刺激を受けるものです。

しかし、コミュニティに属した時に生じる弊害があるのも事実。

その弊害の正体とは「他の人が成果を出し始めて焦る」ということです。

焦ることで自分の行動に拍車をかけることもありますが、基本的に人間は焦ってしまうとあまりパフォーマンスを発揮できません。

このことを予め分かっていると、対処できます。

本記事では、周りの人が成果を出し始めた時の対処法について解説していきます!

【動画】ネットビジネスで周りに差をつけられた時に意識すること

ネットビジネスで周りに差をつけられた時に意識すること

成果を出している他人が気になる現象

隣の芝生は青い

多くの場面で使う言葉ですが、あなたはこの言葉の通り、他人のことを羨ましく思ったことはありますか?

今までの人生の中で他人を羨ましく思ったことなどない!

という人はなかなかいないと思います。

ネットビジネスをしていてもそうです。

スタートしたタイミングは同じでも自分よりも先に成果を出す人が多くなってくると焦ってきます。

そしてこう思うようになるのです。

「自分には才能がないのかな」

「選んだテーマが悪いんだ」

このような考えがよぎると、気持ちが沈むだけでなく、今後の自分の行動にも支障をきたしてしまいます。

他人は他人、自分は自分

このように割り切れる人は大丈夫ですが、大半の人はなかなか割り切れないものです。

僕も周りの人が成果を出していると、羨ましく思ったりもしました。

ネガティブ思考に陥っている時なんかは嫉妬の感情にも苛まれることもありました。

ほんと、情けない話ですよね。

でも、これが人間の本性ではないでしょうか。

マインドのコントロールを自分でしないと、こういった負の感情が生じてしまうので気を付けなければなりません。

なぜ隣の芝生が青く見えるのか

 

そもそもなぜ隣の芝生が青く見えるのでしょうか?

考えられる原因を見ていきましょう。

短絡的思考に陥っている

隣の芝生が青く見えている時は、その人の見える目立った部分しか見えていない状態にあると言えます。

結果を出せば当然、周りの人が祝福するので目立つようになります。

その人が結果を出すまでの過程で努力した姿はあまり公開されません。

その人の結果だけに目がいってしまう人は、もしかしたら短絡的思考に落ちっている可能性があります。

もっと想像力を膨らませて、

「こういった成果を出すまでにどんな苦労があったんだろう」

と考えると、羨ましく思ったり、嫉妬したりする感情が無くなりますよ。

考えるだけでなく、本人にどんな努力をしてきたのか聞いてみると確実に心の距離も近くなりますし、隣の芝生が青く見えることなんてなくなります。

どんな成功者も涙ぐましい苦労があるはずです。

ぜひ、見える結果だけを見るのではなくて、努力してきた点を見てあげましょう。

自分にも相手にも良い影響をもたらします。

自信を喪失している

自信を喪失している時に成果を出す人が出てくると隣の芝生が青く見えます。

自分のやっていることに自信がなくなるので、他の人のものを欲しがってしまうのです。

「なんで自分だけうまくいかないんだろう」

と卑屈になることはありません。

逆に、「自分だけ」と思えるようなものがあるのなら、自分の個性を出しているということになります。

だって、他の人たちは同じように成果を出していて、自分だけ成果が出ないという状況だったらそれはもう個性ですよ!

他の人から見たら、あなただけのオリジナル作品ができている可能性が高いです。

自信を失うと、視野が狭くなるものです。

相手の目線で自分を見つめてみると、意外と簡単なところに問題を解決する糸口があるかもしれません。

周りに差を付けられた時に意識すべきこと5選

周りに差をつけられたと感じたら、前向きにとらえることが大切です。

どのように考えればいいのか、意識すべきことを5つ紹介していきます。

現状を成功へのネタだと思う

とんとん拍子に上手くいっている成功者の話を聞いてもあまり面白くありませんよね。

波乱万丈で紆余曲折あった人の話のほうが聞いていて面白いですし、何よりも人間的に深みが増してきます。

多くの失敗や挫折を繰り返してきたことで人の痛みが分かる人間はかっこいいですよね。

もし、あなたが現状でうまくいっていないことがあるのなら、成功した時のネタにしてしまえばいいのです。

今の苦い経験を忘れずに日記をつけておくと、成功の領域に入った時には感慨深いものになるでしょう。

利子付きのリターンがあると考える

目標としていた時期になっても成果が出ない時は、タイムラグが生じていて、利子付きのリターンが来ると思ってください。

自分が予想していた以上のリターンがその先あると思えば、現在の苦行も耐えられます。

苦労した期間が長ければ長いほど、成果が出た時の蜜は甘いものです。

その時を待ち望んで淡々と自分のやるべきことをやっていきましょう。

クリティカル・シンキング

現状が上手くいっていないのなら、何かを変えなければいけません。

  • 作業量が少ないのか
  • 方向性が間違っているのか

これは、メンターや知識のある人に聞けば手っ取り早いですが、先に自分で考えるようにしましょう。

客観的に自分を分析する思考法でクリティカル・シンキング(批判的思考)というものがあります。

合理的に自分の課題を見つけて、対処していく考え方です。

ここに自分の感情を一切盛り込まないことが重要です。

そのためには稼げている人と自分との違いを洗いざらい抽出する必要があります。

クリティカル・シンキングについてはこちらの記事でも解説しているのでご覧ください。

約束のネバーランドの3人の主人公から学ぶ成果を出すマインドになる方法3選
ビジネスの成功において、漫画から学ぶことは非常にたくさんあります。マンガに出てくるキャラクターが魅力的なのは必ず理由があるものです。そのまんま真似することは難しかったとしてもエッセンスは吸収できます。今回はジャンプの連載漫画「約...

自分にしかできない事を探す

他の人が優れているように見えても、あなたにしかできなこともあります。

何の取り柄もないと思っていたとしても、好きなことやちょっと得意なことはあるはずです。

実はそれがあなたにしかできない可能性高いんです。

他の人にもできるように思えても、ちょっと使い方を変えればあなただけのオリジナルになります。

ここは頭をひねって自分にしかできない事を探す努力をしてみてください。

気持ちに余裕のある人にアドバイスを求める

隣の芝生が青く見える状況は視野が狭くなっている状況です。

一人で思い悩んで抱え込んでしまう傾向があるので、アドバイスを人から求めたほうがいいです。

メンターがいるならメンターに聞けばいいです。

聞く相手はあくまで気持ちに余裕のある人にアドバイスを請うことです。

余裕がある人でないと他人に対して的確なアドバイスを与えることができません。

その人の行動や仕草を見て、余裕があるのか判断してから求めるようにしましょう。

まとめ

  • 隣の芝生が青く見える現象はネットビジネス初心者によくあること
  • 隣の芝生が青く見えるのは視野が狭くなっている可能性が高い
  • 現在上手くいっていないのは成功への道を歩んでいるからだと考えるべき

隣の芝生が青く見えたとしても現状は変わりません。

自分のやるべきことを淡々とやっていくことが、最も成果を出すポイントとなってきます!

ブログで月収20万稼ぐメールセッション

期間限定特典

『最短3カ月で月収20万円を稼ぐブログの作り方』を無料配布中

⇩LINEでブログ情報を発信中⇩
友だち追加

➢ライティングのご依頼はこちら

マインドセット
小野寺をフォローする
ノマドの流儀 小野寺(おのでら)公式ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました