需要・ニーズのあるネタの調べ方と価値ある記事の書き方を徹底解説!

ブログライティング

どうも小野寺です^^

ブログを書くなら読まれる記事を書きたいですよね。

読まれる記事に必要な要素は、『価値あるコンテンツ』と『ニーズ・需要があるネタ』といった2つです。

本記事では、価値あるコンテンツの作り方やニーズ・需要のあるネタの調べ方について解説していきます。

【動画】需要・ニーズのある記事の書き方

需要・ニーズのある記事の書き方

価値あるコンテンツとは

誰もが価値のあるコンテンツを発信していきたいと思っています。

コンテンツに価値を付けようと思ったら上限がないので、僕も日々悩みながら研究しているところです。

でも最低限の価値をつけるなら、絶対に意識すべきことがあります。

それは、

読者の悩みを解決できる内容になっているか

という点です。

読者は目的があってあなたの記事にアクセスをしているので、その目的を達成できたら満足してくれます。

例えば、「ダイエット 食事」と検索しているユーザーは、ダイエットに効く食事や食事のとりかたについて知りたがっていることが想像できますよね。

知りたい情報を提供してあげられる記事は「価値あるコンテンツ」なのです。

読者はタイトルを見て記事にアクセスするので、タイトルと記事の内容の整合性がとれていれば最低限の価値あるコンテンツとしてみなすことができます。

ただ、これだけでは普通なので、ユーザーが知りたい情報の潜在ニーズも読んで記事を作成していくともっとボリュームが出て、読み応えのある面白い記事を作れます。

この記事を読んでいるあなたにはぜひ、潜在ニーズまで満たすような記事作成に挑戦してほしいですね!

ニーズ・需要のあるネタの調べ方

いくらタイトルと記事の内容の整合性がとれていて、価値あるコンテンツを作ったとしてもニーズ・需要が無ければアクセスを集めることができません。

リアルビジネスだと世間のニーズや需要を調べるために口コミやアンケートを取るなどすると思いますが、ネットビジネスの場合、需要やニーズを調べるのはとても簡単です。

Googleの検索エンジンを使えば一目瞭然です!

どのように使うかと言いますと、まずはネタ探しからします。

ネタの探し方はこちらの記事で書いていますので参考にしてください。

アドセンスブログでアクセスを増やす記事ネタニュースの選定方法
どうも、小野寺です^^アドセンスブログでアクセスを集めるためには、記事タイトルの付け方とネタ選びが大切になってきます。いくら頑張って記事を書いても需要のない内容だとアクセスは集まってきません。今回は、アクセスを集めやすいネタニュ...

ネタが決まったら、検索されそうなキーワードを検索にかけてみます。

例えばキーワードを「ダイエット」とします。

「ダイエット」と検索すると、ダイエットに関する記事がたくさん表示されますよね。

下にスクロールしていくと、ダイエットに関連するキーワードが出て来ます。

このキーワードをサジェストキーワードまたは関連キーワードとも呼ばれています。

こちらのサジェストキーワードは「ダイエット」と検索した人が他にどんなキーワードと一緒に検索しているのかを表示したものです。

つまり、需要のあるキーワードと捉えることができるのです。

記事を作成する際には、これらのキーワードをタイトルに含めることでニーズを満たす記事を作成することができます。

記事タイトルの付け方に関してはこちらの記事で解説しているのでご覧ください。

Googleアドセンスブログで上位表示させるための記事タイトルの付け方
どうも、小野寺です^^グーグルアドセンスブログを運営して稼げるようになるにはアクセス数を集めなければなりません。アクセスを集めるためには検索した時に記事が上位表示させなければなりませんが、重要になってくるのが記事タイトルの付け方です...

アクセスを集めるための方程式

Googleの検索エンジンを使えば、需要の有無については把握できます。

しかし、これだけでは需要の有無が知れたところで需要の大きさを知る事はできません。

アクセスを多く集めるためには以下のような方程式が成り立ちます。

アクセス = 需要の大きさ × ライバルの少なさ

需要があればあるほどアクセスを集めやすいですが、大きい需要のあるネタはライバルが多いこともほとんどです。

ライバルの見つけ方はこちらの記事で解説しているので、ご覧ください。

アドセンスブログでのライバルサイトの見つけ方は?3つのポイント
どうも小野寺です^^記事を書く前に必ずやっておかなければならないのがライバルチェックです。書くネタ、選定キーワードを決めたらまずは検索してみて、どんなライバルサイトがあるのか、ライバルはどれくらいいるのかを確認しておきましょう。...

ライバルがいないところを狙ることも必要となってきますが、需要の大きさもある程度は必要になってきます。

まずはライバルが少ないところに狙いを絞って、需要の大きさを調べてみましょう。

需要の大きさを調べるのに便利なツールがグーグル広告です。

Google広告公式サイト

ログインしたら、「ツールと設定」>「キーワードプランナー」をクリックしてください。

その後、「新しいキーワードを見つける」を選択します。

ここで需要の大きさを調べたいキーワードを入れます。

ダイエット 食事」と入力してみると、月間の平均検索ボリュームを確認することができます。

ここでは1万~10万人の人が1ヵ月にこのキーワードで検索しているということが分かりますね。

もし、このキーワードで検索した時にあなたの記事が1位表示されていれば、1万~10万のアクセスを集めることができるという計算ができます。

実際、このキーワードはライバルが多いので上位表示させることは難しいのですが、需要の大きさの調べ方はこのようにやります。

なるべく月間検索ボリュームが1000以上のキーワードを狙うようにしましょう!

タイトルの付け方でアクセスの流入が決まる

検索した時に上位表示されていたとしてもタイトルの付け方がイマイチだとクリックされないケースもあります。

そのキーワードで検索したユーザーがどんなことを知りたいのかイメージしながら思わずクリックしたくなるようなタイトルを付けるようにしましょう。

ダイエット 食事」という検索キーワードをタイトルに入れたとしても「ダイエットしている人に対して食事をふるまうべきか」みたいなタイトルだと検索意図を満たすことはできませんよね。

そういう記事は上位表示されることも難しいのですが、ライバルが皆無だったら上位表示される可能性もありますw

このように検索している人は、ダイエット中の人でどんな食事をとればいいのか気になっている人なので、ダイエットしている人に対して食事をふるまう人に向けて記事を書いたところでクリックはされにくいです。

いくら記事の内容が濃くてもタイトル付けが甘いとアクセスは来ないので、タイトル付けも気を抜かずにやっていきましょう。

まとめ

ブログを書くなら価値あるコンテンツを提供するという意識を持ちましょう。

お金を稼ぐところばかりに関心がいくと、おろそかになりがちです。

自分の持てるすべての価値を提供するくらいでちょうど良いです。

読んだ人が満足できるくらいの記事を書けるように頑張ってください^^

ブログで月収20万稼ぐメールセッション

期間限定特典

『最短3カ月で月収20万円を稼ぐブログの作り方』を無料配布中

⇩LINEでブログ情報を発信中⇩
友だち追加

➢ライティングのご依頼はこちら

ブログライティング
小野寺をフォローする
ノマドの流儀 小野寺(おのでら)公式ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました